FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
午後1時の廊下
2019-11-18 Mon 20:40
盗み見する目線の先、彼はいつもの彼のようで、私の知らない彼。
声も仕草も家でいつも見ているそれで。
そんな彼が壁に持たれて、腕を組んだ瞬間、私の時は止まった。
目線はカメラのピントがF値1.8で彼にしか合っていないみたいになる。

私は思う。
もしも職場に彼がいたら、私は一目惚れしていたんだろうなって。
彼は、私に惚れただろうか。
自信なんかあるわけなくて、同じ職場じゃなくてよかったと、あり得ない想定に無駄な安堵をする。

彼は私を見つけて話しかけてくる。
お昼ごはん、一緒に食べれなくてごめんねって謝っている。
そんな彼はもういつもの私を見る優しい目。

ただそれだけのこと。
でも、私にとっては忘れられない瞬間。
もういっかいあの人を好きになった瞬間。

別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
<<水とシャンパン | ずっと近くに | いつも通り>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |