FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
二年目の秋
2017-11-06 Mon 22:17
いつの間に、抱きしめられるっていうことを覚えてしまったのだろう。
すごく罪で、すごく救われる。

あの日を思い出す。
外はもう明るくなった部屋の中、あたしを諦めずにいてくれた。
忘れてしまいたいけど、忘れられないのは、そういう忘れられない瞬間があるからなんろうね。
「でもね、いい思い出には、ならない」
そう、あの人に言い放ちたい。あの頃の甘いあたしにも。

あなたの大きな両手を、もう一度恋しく思えたときに、そう思う。

同じ気持ちはニ度と生まれてこない。
それはあたしの確信で、それで終わりだとも思っていた。
だから、あなたのこと、もう一度愛おしく思えたときに、今までと違う、強くしなやかな想いが生まれたこと、驚くとともに前を向けた。



あたし これから あなたのことを
どれくらい好きになるんだろ
計り知れないほど ずっと好きになるんだろうな

                 『半袖』
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
<<間違い探し | ずっと近くに | 残り全部バケーション>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |