FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
洗い物をしながら
2017-05-25 Thu 16:39
「私が男の子だったとしても、友だちになっていた?」

突然、彼にそう連絡してみたくなった。
彼は、どう反応するだろうか。

「自販機ごと返してやる」
突然、そう連絡したことはあった。
彼は、ついに私の気がおかしくなったのかと思った後、それが有名な映画に出てくる台詞だと見事に当ててみせた。

そんな彼だから、私が突然、突拍子もないことを連絡しても大丈夫なのだろう。
真面目に返事をしてくれるか、呆れて返事をしないか、どちらかだ。

でも、もうあの頃と違って、私たちは恋人同士じゃないからな。
でも、だからこそ今もこんな私を受け入れてくれるかなって、突拍子もないことをしたくなるんだろうな。

笑って戯れ合っていた時は真夏に光る水滴みたいにキラキラしている。
私の右頬には一粒の水滴がしたたる。

あー、眩しい夏がくる。

別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
<<四歳 | ずっと近くに | You&Me both>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |