FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
夢は来る
2016-05-19 Thu 22:53
嘘だ。
そんなことする必要なかったのに。
そんなことするほどのことじゃなかったよ。

空はとても晴れていたのに、あなたは夜に食べられてしまった。

まだ嘘みたい。
でも、本当みたい。

あなたの眼に宿っていたじっとした鈍い光。

やりきれないおもいで血管が破裂しそう。
瞳に膜を張る涙はいつもより厚くて、瞼を閉じるといつでも雫が流れる。

こんな終わり、ほんとうにあるんだね。
さようなら、また今度。
今度ってつけたら、また会えるような気がするね。

別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
<<乖離 | ずっと近くに | 思い出して、涙はこぼれないけど。>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |