FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
11文字の殺人
2015-04-02 Thu 22:32

11文字の殺人 (光文社文庫)11文字の殺人 (光文社文庫)
(1990/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野圭吾さんの『11文字の殺人』を読みました。


最近は、東野さんばかり読んでいる。
というのも、職場の近くの図書館は東野さん揃えがいいのです。

このお話は、ドラマ化されたものを見たことあるっぽいなぁとか思いながら再読している気持ちで読みました。

あと、職場の机の上に忘れないようにと返却する小説を置いていたら、上司から「なに読んでるん?」ときかれ、「東野圭吾さんの小説です」と言ったら、「あー、あれ!「現象には必ず理由がある」のやつやんな!」と言われ、笑った。一般的な感覚で東野さんを表現すると、こういう感じなのかなって。

別窓 | | コメント:0 | top↑
<<悪意 | ずっと近くに | 使命と魂のリミット>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |