FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
24歳、思春期。
2013-11-25 Mon 23:33
R0020716.jpg

今年の4月から東京へと行ってしまった先輩と久しぶりに会う。
中学のときからの先輩だから、離れても距離感も温度も変わらず、まるで一ヶ月前に会ったのとおなじよう。
牡蠣が旬だからと言って食べに行ったけれど、話に夢中で牡蠣のお味を気にしている間がなかった。仕事や人生設計の話、あそこの化粧品が良かったとかここのかばんが欲しいとか、どうやったら可愛くなれるのか、なんていう女子校のノリを引きずったままの話、そして家族が病気になったらどうするか、なんて話まで。
あの頃と変わらない部分と、こんな話をするまでになったんだね、なんていう感慨深い部分と、二人して歳を重ねてきている実感をした一時だった。

先輩が東京へ帰ってからは、一人でお馴染みのスターバックスへ。
遊ぶのも好きだけれど、勉強も欠かしたくない質で、一人黙々と本を読む。思春期の子どもについての本。自立をしたい欲求と甘えたい欲求が混在している時期に、どのように接することで子どもを理解できるかという内容。

二時間ほど勉強をして満足したのち、ちょっとぼーっとする。
先輩は来月結婚をするらしい。「らしい」というのは、わたしに実感がないだけで、去年から聞いていてとっくの昔からわかっている話。わたしにはまだまだ結婚なんて遠くて、不思議な感覚。先輩とのことに関して言えば、昔から今までのように、これからも仲良しでいられたらいいなぁ、なんてしんみりと思う。そして、わたしはこれからどんなふうに生きていくのだろうかとしみじみ思う。なんだかさっきまで読んでいた本の中の子どもみたいな気持ちになる。自立と甘えが混在している中、未だにアイデンティティが確立されず、同一性拡散状態。

ここまで考えて、一息つく。これ以上考えても答えは出ないから、早く帰って眠ろうと席を立った。ほんとうに人生って人それぞれだなぁ、なんて大袈裟に思った帰り道、なんだかすこし切なくて不安になった。夜の風は冷えているもののどこか生温さを含んでいて、案の定次の日の天気予報は雨だった。


別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
<<12月9日 | ずっと近くに | 同一性拡散>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。