FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
同一性拡散
2013-11-23 Sat 21:41
R0020679.jpg

“どうしてこうもあたしはいちいち泣くのだろうか”

きらきら光る砂糖を見て涙が出たときに思った。
ばかみたいって思われることを知っているから、あんまり言わないことだけれど、でも、あたしはそういう瞬間が大好きで、昨日だって赤や黄色に色付く木々と澄んだ青空を見て泣いていた。「ああ、きれい」、そう思った時にはもう涙が出ている。だから止めようがないのだけれど、泣いている自分はあんまり好きじゃなくて、またすこしうんざりする。

涙が出るような瞬間は好きだけれど、そんなことにいちいち泣いているあたしのことは好きじゃない。
いつかあんまり好きじゃない自分のことを受け入れて、自分のことが自分で好きと言える日はくるのだろうか。
自分のことがわからなさすぎて、そして、そんな自分が嫌でたまらなくて、真剣に悩む日々。

「アイデンティティを確立するって難しいですよね」
仕事中、大好きな上司に呟いてみたら、「そう?」と簡単に受け流されて、けらけらと笑った。「笑ってないで、仕事に集中!」と嗜められ、パソコンの画面を睨み直す。

人を好きになるのは簡単なのに、自分を好きになるのがこんなにも難しいなんて、変な感じだな。
そんなことを飽きもせずに思いながら、ちらっと上司を盗み見をする。今日も背筋を正しながらカタカタと素早くパソコンをタッチしている上司の姿を見て、強く想った。

別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
<<24歳、思春期。 | ずっと近くに | 最近のわたし>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |