FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
ずっと近くに
2013-07-10 Wed 18:02
R0018629.jpg

マロンが、亡くなりました。
10歳と5ヶ月でした。元気に長生きしてくれました。その日の朝も走っていたくらい元気だったんだって。でも、すこし暑かったみたい。みんなであの子の命を救うために頑張ったけれど、あの子が息を吹き返すことはなかった。やっぱり夏は憎いね。




R0018602.jpg

いつだってそばにいてくれたこの子を失って、すごく静かになった家の中。
カチカチと鳴る爪の音も、暑苦しい息づかいも、あの子といるだけであがる笑い声も、すべてがなくなって、まるで最初からなにもなかったみたい。あの子がいなくなっただけで、流れる空気や色、匂いまでも、すべてが変わってしまった。




R0018724.jpg

でも、あの子に触れていたときのことを忘れたくないと、なにひとつあの子と瞬間を忘れたくないと、最後に握りしめたあの子の手の感覚を思い出しては歯をくいしばる。




R0018553.jpg

ほんとうに大好きだった。キライって言ったときだって、ほんとうは好きだった。それに、あたしがキライって言っても、それでもあの子はあたしのそばでしっぽを振ってくれていた。どんなときでも優しい子だった。そんなマロンがいなくなって淋しいよ。すごくすごく淋しい。こんなに淋しくなるなんてね、わかっていたけれど存在の大きさに胸が締め付けられる。

マロン。ありがとうね。
毎日楽しかった。毎日大好きだった。
一緒にいられてしあわせだった。
マロンが我が家にやってきてくれたことを心の底からうれしく想っている。

安らかな顔をして眠ったあの子におやすみなさい。




R0018265.jpg

このblogもどうしようかなぁと悩んでいます。もともとあの子との日々を想ってつけたタイトル。あの子がいなくなってしまった今、このblogを続ける意味も見失ってしまっているのが正直なところ。あたしの戯言だけつらねていてもね…。やっぱりあの子がいてくれたからこそのものだったんだと思います。

ということで、おそらくこれで終わり。
ほそぼと、つらつらと、マロンの写真だけが光だったこんなblogにお付き合いしてくださっていた方にはほんとうに感謝しております。長い間、ありがとうございました。


別窓 | | コメント:0 | top↑
<<月命日 | ずっと近くに | 密かなさよならの仕方>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |