FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
夏の終わりの風物詩
2010-09-03 Fri 15:23
夏の終わり。
晴れ渡る広い空に大きな白い雲。
けれど、すこし向こうに立ちこめている黒い塊。
それはすこしずつ正体を匂わせながら静かに近付いてくる。
そして、ポツポツポツ。
三回ノックをしたあとに、突然大きく扉を開き大粒の滴を降り落とし始める。

走って家へと戻るわたしとあの子。
急な坂を必死に駆け上る。
なんでかわからないけれど、二人とも笑っていて楽しかった。

前を走るあの子を見ながら思った。

この子も年を、とったんだなって。
わたしも、年をとったんだろうなって。

二人とも、年はとったけれど、
まだまだ華麗な走りっぷりと靡くゴールドの毛並み。
まだまだ捨てたものじゃない、見かけによらない速い走り。

家に着いて、濡れたあの子をバスタオルで拭くふりをして強く抱きしめる。

ひさしぶりだったおさんぽ。
せっかくのランデブーだったのにね。
夕立ちに邪魔されちゃったね。

それでも、あの子はとても嬉しそうに笑っていて、すこし悲しかった。
もっと、余裕とか時間とか、やさしさ、とか、作り出せますように。
抱きしめながら、小さく決意する。

外では、まだ大きな雨の音がしている。

夏は、あれだけ毎日晴れ続けていたくせに、どうして最後になって雨を降らすのかな。
後悔、したのかな。後悔、したくないのかな。
だから、最後に泣いて別れを告げるの?

夏が終わってしまう合図を、今年もすこしせつなくなりながら見つめる。
秋がそばにいる気配をすこしせつなくなりながら迎える。
別窓 | Diary | コメント:2 | top↑
<<オータム | ずっと近くに | 最後の夏休み>>
コメント
あのこ達といっしょにいれる時間って、なんであんなに短かったんだろうって思うくらい短いんですよね、きっと・・・
そしてきっと後悔ばかりするんだろうなぁって思います。
あのこ達は掛け値なしにいつも今を精一杯生きていますよね、だからこちらも精一杯で答えてあげたいです。
忙しいでしょうができる限りのたくさんの愛を与えてあげてましょうね、お互い・・・
2010-09-06 Mon 20:11 URL | こりとーちゃん #yXhiMRd2[ 内容変更] | top↑
> こりとーちゃんさま

コメントありがとうございます。
コメント欄を閉じてもいいのではないかと思っていた
くらいだったので、驚きましたが嬉しかったです(o^^o)

どうしても後悔する理由は、どれだけ一生懸命尽くしても、
向こうがこっちに与えてくれるものに勝てないからなのかな、
…と、思っていたりします。

とにかく一緒に笑って過ごす時間をもっと作りたいものです。

でも、わたしはいつもたっぷり愛情を注いでいるとーちゃんと
naruさんの姿には、感心させられるばかりで…
楽しそうなこりとはんべの笑顔にはいつも励まされてます。

忙しくてなかなかコメントは出来ていないのですが、
こちらも時間や余裕を作って、またコメントさせてもらいます(^_^)
2010-09-07 Tue 09:00 URL | マロリン #SVqLzQOU[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |