FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
余震
2010-06-30 Wed 13:46
今頃になって、なんであの時のこと思い出したんだろう。
忘れていたはず。もうあたしの中から欠け落ちていたはずの記憶。
何年も前のことなのに、なんで今頃色鮮やかに戻ってくるの?

「このままドライブ行けたらいいのにな」
そう思っていた助手席。

喧嘩をして、「もう別れようか」、そんな話になって、無言のまま車に乗った。

トンネルを抜けても、このまま仲良く一緒にいたくて、わたしは足元だけを見てた。
立ち止まりたくても、立ち止まれない。車はどんどん流れてく。
まるで鮭の産卵みたいな車の流れ。流れているのか流されているのかわからなかった。
ふと顔を上げてみた目の先にはトンネルの向こうの光が見えてる。
あの先にあるものは、なんなんだろう。
あたしとあの人の終わり。眩しさで消えてしまいそうだった。

突然思い出したあの時が、今のあたしの目に焼きつく。

夏服。6月の終わり。
汗ばむ体と止まらない涙。

トンネルの先にはぎらぎらと照りつける夏。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
<<キスが巡る | ずっと近くに | かくれんぼ>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |