FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
クジラの彼
2007-11-27 Tue 09:32
20071127093304
有川 浩さんの『クジラの彼』を読みました。




久しぶりに題名で選んだ本だったんですけど、当たりでした。
にしても、『クジラの彼』って題名、滅茶苦茶いいですよね~
ほんま素敵!(笑)

・・・で、本の内容はというと、べた甘でした。
久しぶりにここまで「LOVE」って感じの小説を読んだと思うってくらいのべたさ加減。
私的にべた甘ラブロマンスって話の内容が最初から見えてるだけに難しいと思うんですが、そこを飽きさせず上手く書いてるなって思いました。
それでは、今回のお気に入り。


『多分冬原はこうして今聡子の前で泣いていることさえ不本意で、しかしそれでも聡子のところへ来て泣いたのだ。そして泣きながらまだ声を殺そうとあがく。
それは一体どれほど屈折した弱さの吐露だろう。こんなふうに屈折して泣かねばならないほどに苦しかったのだ。』
この「屈折した弱さの吐露」ってとこにビビっときました。
あと、「不本意」にも。
痛いけど、凄く的確な表現だと……


『どれぐらいきついか分かんないけど、我慢したいから。』
これ、可愛いよね~
好きな人のために辛いことも我慢したい。我慢「する」じゃなくて「したい」ってとこにやられました。(笑)
んな事、口が裂けても言えないけどね・・・。


『句読点含め五十四文字。何度読み直しても食い入るように眺めても、それ以上びた一文字出てこない。』これは滅茶苦茶!共感。
私は五十四文字より少ない、句読点含め十ニ文字のメールを凝視してます。。。
はぁ~、悔しい。(笑)
別窓 | | コメント:0 | top↑
<<ひとりよがり | ずっと近くに | >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| ずっと近くに |