FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
四十九日
2013-08-23 Fri 22:19
R0019057.jpg

四十九日というものがどういうものなのか、わたしはよく知らない。たぶん生と死の間とか、川を渡るとか、そんな仏教の考えのもと定められた日なのだろう。



R0019066.jpg

今日もお花のお水を替え、お線香をあげた。そしてお骨を抱え、撫でる。
やっぱり淋しくて、やっぱり悲しくて、でも涙ながらに出てくる言葉は「ありがとう」とか「だいすき」とか「あの時楽しかったよね」とかそんな言葉ばかりで、泣いているのか笑っているのかよくわからない。もしもあの子がこんなあたしを見ていたらきっとはたはたとしっぽを心配そうに振っているんだろうな。まだありありとあの子の姿を目の前に映し出すことができる。そして、ついつお手を伸ばしてしまう。でも、そこにあのふさふさの毛の塊は存在してなくて、そのまま床に崩れる。あたしが泣いていたら、あの子は走って駆けつけてくれる子だった。しっぽをぶんぶん振って、鼻をぐいぐいあたしの顔に押し付けて心配してくれる子だった。「心配かけてはいけないな」、ぼたぼたと床に落ちる涙を拭きながら唇を噛む。ゆっくりとお骨を元の位置へと戻し、自分の部屋へと上がりベッドに潜って眠る。そんな四十九日だった。



R0019054.jpg

まだまだ辛い。泣いてばっかり。
でも、泣いてばかりではあの子に悪いと思うのね。だから、あの子との時間とか気持ちを整理するためにも、あの子のアルバムを作っている。

まだ一年目の写真すら貼り終えていない。
「泣いたり、笑ったり、こうして思い返すと十年は長かったね」
もう今はいないあの子に話しかけながら、ゆっくり、ゆっくりと、あの子との日々を記憶の中に終っていく。

★ 四十九日の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
月命日
2013-08-10 Sat 23:05
R0018768.jpg

今日はマロンの月命日らしい。



R0018791.jpg

この一ヶ月、一体何本の花を買っただろう。毎日花を絶やさない生活なんて生まれて初めてしている。白い花、オレンジの花、ピンク色の花。どれもあの子のことを想いながら選んでいる自分がいる。そして、同じように頻繁に花を持ち帰る母がいる。きっと、同じ想いなのだと思う。



R0018828.jpg

これこそが「弔う」という行為なのかな。毎日お線香を上げ、お花の水を替え、あの子に声をかける。ときどきめそめそしたりもして、でも笑いかけてみたりもする。



R0018757.jpg

そんな日々、我が家はやっぱりみんな犬がすきで、犬がいないと物足りなさ気にしていて、だから、新しくまた子犬を迎える話をしています。まだわからないけれど、新たな家族に迎えられた日にはまたこのblogに綴っていこうかな。


別窓 | Diary | コメント:2 | top↑
| ずっと近くに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。