FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
遠く離れた場所から
2013-04-28 Sun 22:38
R0017825.jpg

家の中にはわたしだけ。一人、のびやかに過ごす貴重な時間。窓を開けて、風を感じる。

鳥のさえずり、どこかの家でかけられている掃除機の音、裏のお家に孫が遊びに来ている声。
わたしの横には、それらの音を神妙な面持ちで聞いている犬の姿。なぜかときどき、くんくんと匂いなんかも嗅いでいる。この子には風の匂いがわかるのだろうか。それとも、どこかの家から美味しい匂いが漂っているのだろうか。わたしにはわからない。そう思いながら、犬の頭を撫でる。

まいにち、この子は一人でも同じように耳を澄ませ、匂いを嗅ぎ、一日を満喫しているのだろうか。
時計を見てみる。12時50分をすこし回ったところ。いつものわたしはこの時間帯に何をしているのだろう。まだお昼休み中ではあるけれど、お昼ごはんはそっちのけで仕事をしているか、お昼ごはんをさっさと食べ終えて仕事に取り掛かっているか。仕事、仕事、仕事、であることに間違いなく、大好きな犬を想像することすらない。

「マロンはさ、わたしのこと思い出したりする?」
笑いながら、問いかけてみる。
犬はきょとんとした顔つきでわたしを見ている。
「ずるいのかなー。自分は思い出すことないくせに、相手には思い出して欲しいなんて」

ふと、問いかけた質問に自分で答えて泣きそうになった。
風が優しく頬を撫でる。涙がすこし流される。
せつないね。そう小さく呟いて、もう一度犬の頭をゆっくりと撫でた。


スポンサーサイト
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
心酔なんかじゃない
2013-04-14 Sun 02:24
好きな人の前で「大好きだったの」と泣いた夜。
好きな人は、「今、ちょっと心酔してるだけ」とあたしの告白をはぐらかして笑っていた。

好きな人を失った哀しみをほかのもので埋めようとしたことが間違っていたのだと、このとき気付いた。あたしは、この人に直接伝えたかったんだと。そして、応えてほしかったんだと。

呑み足りない夜。泣き足りない夜。
「付き合ってあげる」と言われ、二人で夜を明かす。

「もう朝になっちゃうよ」。
店を出たとき、哀しみからも明けていた。

なんの話をしていたのだろう。大好きな人の隣で、大好きな声に耳を傾けながら、くだらない話、でも夜にしか話せない話をたくさんして、あたしは安心していた。まだこうして二人の形はあり続けると信じて、あっさりと手を振り、それぞれタクシーに乗り込む。

ふらふらする頭の中にさっきまで隣にいた好きな人の姿がよぎる。もうこのまま眠ってしまいたかったのに、タクシーの運転手はおかまいなしに話しかけてくる人だった。前を走るあの人を乗せたタクシー。途中で左に曲がってしまう。赤いテールランプが見えなくなるまで、目で追いかけてしまっている自分がいた。

運転手さんと話しながら、やっぱりすこしだけ泣きたくなった。「さっき一緒にタクシー乗り場にいた人、あたしの好きな人なんです」、なんて言いたくなった。運転手さんの話に相槌を打ちながら、本気で好きだったと強く想いながら車に揺られ家路を辿った。


別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
みずいろ
2013-04-03 Wed 06:11
雲は遥か彼方でゆったりと大きく動き
鳥のさえずりしか聞こえなくて
ひんやりとした空気が頬にあたる。

「ああ、朝が来てよかった」
鳴き声に泣き声を重ねながら思った。
そして、昔もこんなふうに朝を迎えていたことを思い出す。
昔のあたし。今のあたし。
同じ窓から空を見上げる。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
| ずっと近くに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。