FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アンドロメダ
2012-11-18 Sun 21:19
R0015375.jpg

いつのまにか十一月も半ば。

すこし冷たい秋の空気が冷たい雨とともに、冬に色を変えてゆく。
例年であれば寒くなってゆくに連れて生き生きとしてゆく私だったが、今年は鬱々としていっていた。

きっと毎日にすこし疲れていたのだと思う。
十一月に入ってから二度目の風邪を引きながら思った。

二十一時までには帰宅する。
毎日きちんとお風呂に入る。
お肌のお手入れも忘れない。
二十三時までには就寝する。
そして、六時半には起床する。

たったこれだけのことが出来なくなっていた。
私が私でいるための習慣。

久しぶりだった。
自分を見失って、よくわからなくなったこと。
空を見上げても、オリオン座が見つけられなかったこと。

スポンサーサイト
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
しっぽ
2012-11-04 Sun 21:34
R0013996.jpg

あたしにもしっぽがあったらいいな。

犬と床に寝転びながら思う。
犬はまんまるのお目めを見開いてじっとわたしのことを見据えたまま、ただしっぽだけをばんばんばんと床に打ち付けている。わたしは、そんな犬を見て見ぬ振りをしてしまうためにそうろっと目をつぶる。ばんばんばん。また、しっぽの音がする。目を開けると、先程から微動だにしていない犬と目が合う。犬はもう一度、しっぽを鳴らす。ばんばんばん。わたしは我慢できずにくすっと笑ってしまう。

まるで、にらめっこをしているみたいだ。
負けたわたしは犬の顔をさすってあげる。犬は目を細めて気持ちよさそうな顔をして、もう一度しっぽを鳴らした。さっきより、すこしだけやさしい音。ありがとうって言っているみたいな音。

きゅんと胸が鳴る。
わたしも、そんなふうに意思表示してみたいよ。そんなふうに素直になりたい。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
| ずっと近くに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。