FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
不思議な弟
2012-08-26 Sun 14:46
R0014226.jpg

ある日の弟との会話。

弟)「おねえちゃん。
   ぼくさぁ、あそこ行きたいんだぁ。梅田の屋上にあるビアガーデン」
姉)「うん、行けばいいじゃん。父を誘ったら喜ぶよ」
弟)「絶対嫌だし」
姉)「じゃあ、友だちと行けばいいじゃん」
弟)「でもさぁ、高いんだぁ」
姉)「いくらなの?」
弟)「4千円」
姉)「そもそも、ビール好きだっけ?」
弟)「いや…、好きじゃないけど」
姉)「え…、ビアガーデンってビール飲む場所じゃなかったっけ?」
弟)「う、うん。まぁ」

どうしてかはわからないけれど、わたしは弟のこういうところが好きだと思う。
このおバカな感じ。なにも考えていないのだろうか。わたしにはどうしても理解出来ない。でも、至極穏やかに、ビールが好きでもないのにビアガーデンに行ってみたいと、それも梅田の屋上にあるビアガーデンに行ってみたいと言い出す弟が、とっても好きなんだ。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
突然の雨。
2012-08-19 Sun 20:21
R0014000.jpg

大粒の雨がなんの前触れもなく地面に打ちつけはじめる。

無数の粒が一団となって、わたしに魅せる。時々どこかで光る雷雨が今をさらに引き立てている。雨風のごうごうと鳴り響く大きな音も色の変わったコンクリートも、なにもかもが綺麗だと、わたしはぼーっと、うっとりとする。

帰ったら、なにをしようか。

ごろごろとベッドで寝転んで身体を解きほぐしたい。それから部屋を片付けて、植物に水をあげよう。きょうは雨だからね。そして、犬とお喋りをするんだ。きょうは雨だから、レインコートを着てお散歩に行かなければならないねって。そういえば、すこしお仕事もしなければならない。ピアノの練習量も足りていない気がしている。あとは、新しく買ったマグでコーヒーも飲みたいな。

ああ、困ったね。したいことがたくさんありすぎるよ。きっとそう言ったら、はたはたとしっぽをふってくれるに違いない。

帰りの電車の中。なぜだか、いちばんに想ったのは、家にいる犬のことだった。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
apricot
2012-08-05 Sun 12:32
R0013791.jpg

わたしは良くも悪くもあきらめが悪い。




R0013808.jpg

すこぶる悪い。




R0013817.jpg

好きなものは、すき。




R0013829.jpg

ただ、それだけ。

★ apricotの続きを読む
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
指輪をきれいにする方法
2012-08-04 Sat 21:03
R0013979.jpg

わたしにしては珍しく「楽しくない」という気持ちでいっぱいになる。きっとストレスが一定以上溜まっているんだろうと思う。いつもなら割り切って考えられることが割り切れない。

気の向くままに食べようか。ううん、そんなことをしても満たされない。ただ、太るだけ。
気の向くままにネットで買い物してしまおうか。ううん、「ネットで…」なんてところが恐ろしいうえ、カードの引き落としが膨らんであとで虚しくなるだけ。

気の向くままに寝てはみたし、それでも解決しない。さて、どうしたものか。
机のうえに目をやると、昨日外したままの指輪が放ってあったので、とりあえずはめてみる。つぎに、眺めてみる。

いいことを思いついた!
わたしは嬉々として、ネットで検索をする。

『指輪 綺麗』

たったの0.39秒で指輪を綺麗にするための方法がずらりと並ぶ。いくつかの方法をみて、一番お手軽そうな「炭酸水につけておく」という方法を試すこととする。

「すこし前から炭酸水にはまっていた自分は、この日のためにも繋がっていたのだろう」。そんなふうに我ながら意味不明な自己満足に浸りながら、冷蔵庫から炭酸水を出してくる。材料には、『無糖の炭酸水(気泡の強いもの)』と記述されていたため、少々不安を覚える。今回購入していた炭酸水はグレープフルーツ味付なのだが、大丈夫であろうか。まあ、無糖ではあるから大丈夫であると信じよう。つぎに、キャップを開けたときにプシュッという音のひとつも発しないが大丈夫であろうか。この炭酸水はおそらく三日前に開けたものであるため、音がしないのは当然のこと。こんな頼りない状態で、指輪は綺麗になるのか。まあ、とりあえずは試してみないとわからない。そして、最後に。指輪をコップに入れ、そのうえから炭酸水を注いだのはいいものの、このコップにラップをかける必要はあるのか。これ以上気が抜けてはさらに効果が落ちるような気がしてならない。方法にはラップをかけるようには指示されていなかったが、ラップをかける。

このまま、一日くらい放っておくらしい。いいではないか。まだ綺麗になったわけでもないのに大満足である。そして、なんとなしに先程ネットで検索した続きをもう一度見てみる。すると、下部あたりに驚くものを発見する。

腸をきれいにする方法
肺をきれいにする方法
水をきれいにする方法
肌をきれいにする方法
銀をきれいにする方法
舌をきれいにする方法
川をきれいにする方法
鏡をきれいにする方法
髪をきれいにする方法
爪をきれいにする方法

圧巻である。みんな、いろいろなものをきれいにしたいと思っているのだと感服する。とくに、「川をきれいにする方法」なんていうのは一人で出来るものでもない。ほんとうに、すごいものだ。ぜんぶひとつひとつ覗いてしまいたい気持ちを抑えて、「鏡をきれいにする方法」だけをクリックする。ふむふむふむ。そう納得したのち、席を立ち、洗面所へとさっそく向かうわたしであった。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
| ずっと近くに |