FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
花火のあがらない夏
2011-08-19 Fri 20:48
毎日重い荷物を肩にしょって通う先は、近くの図書館。
勉強と妄想以外にすることはなにもない。
勉強も妄想もすればするほど深いため息が出てくる。どちらもキリがない作業。
行き詰まったあたしはお気に入りのケーキ屋さんに行き、ショーケースに綺麗に並ぶケーキをテイクアウトして帰る。
ブルーベリーチーズケーキ、季節のフルーツタルト、桃のタルト。
夢すら感じるくらいキラキラ輝いているケーキにザクッとフォークを刺すと、夢は一瞬で崩れ去ってしまう。
甘い甘いケーキを一人で食べていると、すこしだけ淋しくなる。
甘さを忘れようと苦い苦いコーヒーを飲むと、淋しさを紛らわせているだけのような気がしてくる。
こんな毎日と自分にうんざりしてまたため息をつき、「今日も花火はあがらない~♪」と小さな声で歌う。

あの日、電車の中から見た花火。
押し込めていた気持ちが一瞬にして弾け、赤や緑の菊の花びらは涙でかすんだ。
窓ガラスにはあたしとあの人の浴衣姿がぼんやりと映っていた。

なんでかな。
楽しかったはずなのに、幸せだったはずなのに。
思い出すのは、涙でかすんだ花火と窓ガラスにぼんやりと映る二人の浴衣ばかり。

「涙を落として火を消した~♪」
さっきよりすこしだけ大きな声で歌いながら、最後の一口を口に運ぶ。
やっぱり甘い甘いケーキはあたしを満たしてはくれなくて、苦い苦いコーヒーもそんな淋しさを消してはくれなかった。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
いつの日か
2011-08-16 Tue 15:15
残暑が厳しくなるこの頃。
あたしにだけ太陽の陽射しが痛く突き刺さっているのではないかと思ってしまう。
わざと泣いている子どものように、あたしはいつまでも泣く。
今年は例年のように泣くことはないような気がしていたのだけれど、気のせいだった。
もうそんなに悲しくないような気がしていたのに、やっぱり悲しくて悲しくて仕方なかった。

どうして? なんで?
家から飛び出すことも出来ず、蝉と一緒に泣き、誰にもぶつけることの出来ない想いを空に向かって投げかける。

「一緒にいることがすべてだったのに」。
あたしの想いは儚く脆く流れてゆく。

きっといつまでも忘れることは出来ない。
だけれど、いつの日か、笑顔であの子のことを思い出したい。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
| ずっと近くに |