FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
バスタブの中
2011-04-24 Sun 21:14
今日は日曜日。明日は月曜日。
なぜか強く意識するよ。
強く意識すればするほど、頭は尖ってゆく。
尖った頭は明日にふさわしくない。
明日は穏やかに終わらしたい。
「そしたら、また忙しい日々が待っているよ」
そう自分に言い聞かせるバスタブの中、わたしはあたたかい湿気に包まれている。
髪の毛は、毛先だけが濡れている。
ふと、思い出すのは長くしなだれる髪の毛。
ほんのりと匂ってきた過去にぽたりと落ちる涙。
指先で今の短い毛先をつまんでみる。
またひとつ、ぽつりと涙は落ちるけれど、ここはバスタブの中。誰にも知られることのないバスタブの中。
でも、わたし、これ以上涙の落ちる音を聞きたくなかった。
「いっそのこと…」、そう思ったわたしはぶくぶくとバスタブの中に潜り込む。
潜ったバスタブの中。目をぎゅっとつぶる。なにも見えないバスタブの中。
聞こえてくるのはやさしいバスタブの声。安心したわたしはバスタブから顔を覗かせる。
ぐっしょり濡れた髪の毛。なにもかも濡れて見えなくなって、尖っていたわたしはしなだれ丸くなる。
バスタブからあがったら、まず日記を書こう。
日記の一行目はいつもと同じ、日にちと曜日。
スポンサーサイト
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
お菓子の国
2011-04-20 Wed 10:28

久しぶりな人に会った。
でも、久しぶりな気がまったくしないことが嬉しくて、ずっと心の中ではしゃいでた。
あの頃となにひとつ変わらないような、でも、それぞれの道を歩んでいるような。
嬉しさと淋しさが入り乱れる。

笑顔で出会って、笑顔で別れて、笑顔でまた出会いたい。
そう思いながら揺られた帰り道。

家に帰って、すこしぬるいお湯にぼーっとつかる。
開いた心は閉じる方が難しくて、何度も寝返りを打ちながら眠った。

次の日の朝。昨日一緒に使ったマグカップをつかって、昨日のカケラを食べて確かめる。
夢じゃなかったんだよねって。
楽しかった時間は、どうしてこうもいつも通りの朝に溶け込んでしまうのだろう。
苦いコーヒーと小さなカケラは、お菓子の国から持ち帰ったお土産みたいだった。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
長崎乱楽坂
2011-04-03 Sun 09:34

吉田修一さんの『長崎乱楽坂』を読みました。
別窓 | | コメント:0 | top↑
一歩遅れて
2011-04-01 Fri 08:41

今日から4月1日。
周りの友達は入社式に向かっている。
わたしは大学院を目指していたから、どちろにしろ入社式には関係なかったのだけれど、とてつもなく淋しい。
ましてや、その目指していた大学院には残念ながら落ちてしまい、今年度は院浪人生…。
なんでかな。卒業に対する想いなんて何もないまま卒業式にも無理矢理行ったのに、今頃になって大学を卒業したということが切なくて仕方がない。
あの卒業式の日が、たった2週間前の日のことが懐かしくて仕方がない。
今まで大学の友達に自分から電話することなんてなかったのに電話をしたり、まったく更新なんてしていなかったmixiを更新したり、感情が行動に現れまくっている。

ちなみに、わたしの今年度の予定としては、もう一度大学院を目指すために予備校に通おうかと思っております。
もうひとつは国家試験。こちらも落としてしまったので、必死をこかなければならないのです。
でも、まずは時期の早い大学院の方から努力せねば。

早く体験講座に行きたくてもどかしい日々。
「絶対、大学院は前期で合格してやるー!」と凄んでいる日々。
「社会福祉士国家試験も絶対に取る!」と勇んでいる日々。
でも、やっぱりどこか置いてきぼりな気分で落ち込んでいる日々。

一歩遅れて、感情が押し寄せてきている。
まるで津波のようだと、今日も連日報道されている震災のニュースを見ながら思った。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
| ずっと近くに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。