FC2ブログ
神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
BABY 春だぜ
2010-03-31 Wed 21:45
「春はそういう季節なのかなって思った」 

三月に入ってから三度目の風邪を引いた。

今日は三月三十日。一度目の風邪は頭痛が酷かった。
金槌で打たれているような頭と直結している鼻は、詰まっているのに春の匂いは察知するところに腹が立った。
明日は三月最後の日。二度目の風邪は体が熱かった。
足の指の先まで熱おびているのに、心は冷たくて淋しかった。
あさってからは、四月。三度目の風邪については、もうなにも考えたくない。
でも、この風邪を引きずったまま四月を迎えることになるのだろうと、うまく回らない頭の端で思う。

友だちとの二人きりの会話。
春は別れと出会いの季節だということを改めて感じたらしい。

別れと出会い。
「別れ」から先に言ったところに、頭の端が引っかかった。
それは、きっとあたし自身に誰にも言っていない別れがあったから。

友だちは十二時間の話し合いの末に別れた。別れてから三日間コーラを飲み続けた。
淋しくて、仕方なかった。まだ、好きだった。このまま、終われなかった。
だから、自分から電話をかけた。そしたら、相手が出た。
そのまま二時間話した結果、よりを戻した。

友だちは事細かに一部始終を話す。わたしは頷くだけで何も言えない。
胸ではなく、胃が痛かった。
胃液と一緒に、わたしの別れも吐き出してしまいたかった。

胃の中ではペプシンが騒ぐ。
わたしは春だから別れたわけではない。
別れたくて別れたわけでもない。

ペプシンはペプトンへと進化する。
一度別れたら、同じ人と二度目の別れはない。
三度目なんて、考えられない。

心の中でペプチドのことを想う。
もう、二度と会うことはない。もう二度と、会えない。
鼻声でもおしゃべりしていたのに。ただの風邪でなきべそかいて甘えていたのに。


「いつになく、女の子ぽいこと言うんだね」
友だちは言われたらしい。
そのとき、女の人は感情的な生き物だということも改めて感じたらしい。

友だちは一人で喋り続けている。わたしは頷くだけで何も言えないまま。
言葉を飲み込んでいると、息まで苦しくなる。
春のせいにすればいいだけ。感情的になればいい。素直になればいいんだ。
簡単なことなのに、どうしてもあたしには出来なかった。

別れは別れ。
帰り道。春とは思えないくらい寒くて、空からは雪が舞い降りた。
桜に降り積もっていく雪を見て、友だちは幻想的だと言った。
わたしは、また何も言えなかった。
淡いピンクに白が混ざって、色は滲む。
桜の時。桜の木の下で右手を繋いでいたかった。
スポンサーサイト
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
煮えきらない
2010-03-27 Sat 21:44
水平線に消えてゆくみっつの光。
ほのかに色付く街並み。

だけども、なにかが足りない。
そして、なにかが余計。

なにかの正体が掴みたくて、あれこれ考える。

考える考える考える考える。
わからないわからないわからないわからないわからない。

4つの考えるに5つのわからない。

4つの質問に対して、5つある回答欄。
問題を作ったのは誰?
回答欄を増やしたのは誰?

答えを知りたくて、ときどきすべてをぶつける。
全部教えてほしい。
全部教えてくれなくても、ちょっとはわかってほしい。
ちっともわからなくても、とりあえず知ってはおいてほしい。

自分の中ではかなりハードルを下げているつもりでも、相手にとっては下がったうちに入っていなかったことに、ゴールしてからわかる。
ランナーはくたくたに疲れていて、ぼろぼろに擦り切れている。
タイムもぜんぜんよくない。

どうして? なんで?
いつでもどこでもあたしが訊けばいいと信じていた。

回答欄がひとつ多いのか。
問題がひとつ足りないのか。
そもそも問題が多すぎるのか。
回答なんてあるのか。

光は失われる。街は華やぐ。
わたしは煮えきらない思いで体が煮詰まる。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
憧れ
2010-03-17 Wed 02:37
20100317024207
あたしの憧れは、かばんの中にこんぺいとうとかどんぐり飴がはいっているような女の子。
でも、こんぺいとうは「金平糖」、どんぐり飴のあめは「飴」という漢字が書ける、そんな女の子。




20100317024216
頂き物のこんぺいとう。
とってもとっても嬉しかったプレゼント。




20100317024225
でも、ごめんね。
機が熟すまで飾っていたら、もみじの季節はおろか、賞味期限まで切れてしまいました。
でもでも、味に問題はなかったし、
「これ、さくらがモチーフやねん」
って言ったら、誰も疑わないと思うからきっと大丈夫!
★ 憧れの続きを読む
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
日曜日
2010-03-14 Sun 23:12
20100314230037
一週間。
月火水木金土日。
まいにち絶対に書く、わけではないけれど、ほぼまいにち日記を書く。
日記の一行目は、日付だったり、曜日だったり、その日のお天気から始まることが多い。

月よう日。火よう日。水よう日。木よう日。金よう日。土よう日。日曜日。
日曜日以外は「よう」をひらがなで書くのに、日曜日だけは「曜」を漢字で書く。重鎮を置くような気持ちで。
ドラマの役者名がテロップで流れていくときに、大物の役者はすこし間が空いて最後に表示される。それとこれとがどう関係あるのかと言われてしまいそうだけれど、わたしの中ではそれとこれとが同じような感覚。

一週間の重鎮である日曜日。
きょうは、ひさしぶりに一日のんびり。

ゆっくりとお昼頃に起床する。ぼーっとお昼ごはんを食べながらネットをぽちぽち覗く。加湿器と湿度70%ごっこをして遊ぶ。植物の水やりついでに鉢の配置を替えたりなんかもする。こんなことばかりしてる場合ではないんだよねぇ、と、のんびり思う。そして、仕方なく机に向かう。
「自分の部屋で勉強をしよう!」キャンペーンの成果が出てきたのか、意外にも勉強は捗る。卒業論文を書くべく、文献をぺらぺら、キーボードをパチコチ。
しかし、三時間後。
突如、キャンペーンの成果が出てきたことに気付く。一人で嬉しくなってしまって、集中力がぷつんと途切れる。一旦、嬉しくなってしまうと、どうにもこうにも収まらない。なぜか、昨日安売りで買ったパプリカのことなんかを思い出してしまう。

パプリカは、基本的に高い。安売りになっていても、高い。
一個98円だよ。三個で98円じゃなくてだよ。
文句を言いながらも、赤パプリカと黄パプリカをふたつずつ、合わせて4つも買ったんだけれどね。
将来、一個98円のパプリカを4つ買っても、「家計に響く!」とかって怒ったりしない、そんな人と一緒に暮らせたらいいな。
そんなことを思いながら買った、形はピーマン。俗称「パプリカ」。
だいだい色が違うだけで値段が高いくせして、成分的に違いはあるのか。
食品成分表で「パプリカ」を引いたら、黒こしょうとかさんしょうとか、ナツメグ、一味とうがらしなんかが現れて驚いた。ほんとうは、唐辛子の一種のことを指すらしい。そういえば、スパイス調味料として使ったことがあった。
新たまねぎとトマトのお漬け物を作った時だったなぁ、なんて去年の夏の想い出に浸っている最中に我に返る。

うそつき。
「パプリカのうそつき」と呟きながら、先程までの夏の想い出はいずこへ、パプリカに裏切られた被害妄想に陥る。
しかし、ショックを受けながらも「ピーマン」を引いてみる。すると、そこには日本語のピーマンはとうがらしとの一文。
そこからはピーマンの歴史がずらずらと連ねられている。最初は興味津々だったものの、カルフォルニアワンダーやら、エースやら、ベルやら、ジャンボピーマンに、オランダパプリカなどと続々と並ぶ名称に少々うんざりしてきてしまう。
とりあえず、俗に言うパプリカは形はピーマンと同じなのに、赤とか黄とか、オレンジとか、鮮やかな色がついていると、わたしはそれだけで嬉しくなる。
ただ、緑じゃないだけで嬉しくて、憧れる。
幼い頃は見ているだけの存在でしかなかった。母親に買ってほしいと頼んでもやんわりと流され続けていた。どうして、緑じゃないのは買ってくれないのか、全然わからなかった。
そのまま大人になって、自分で買うようになってから、わかった。
ピーマンとは違う、ちょっと特殊なものだということ。そして、母親が買ってくれなかった訳も。緑じゃないだけなのに、こんなにも価値が上がるなんて、まるでブランドのロゴみたいだよね。
憧れ続けていたものを手に入れられるようになっても、わたしの中ではやっぱり憧れの存在で。だから、今でもパプリカは見るだけで嬉しくなって、こどもの頃に戻ったように心が踊る。

長くなったけれど、まあ、簡単にまとめると、「自分の部屋で勉強できていたことに一人でテンションがあがって、昨日一人でテンションが上がった瞬間のことまで思い出してしまった」。そんなところ。

んで、るんるんでパプリカをふんだんに散りばめたサラダをこしらえて、美味しく頂く。満足して、再び、勉強へと戻る。
今度は、国家試験へ向けての勉強。
なんだか、「国家試験へ向けての勉強」とかって書いたら、そんなかっこいいもんでもないのに、響きだけはやたら出来る子みたいな感じで、今、ちょっと笑ってしまったや。
まあ、その勉強はちょっとだけしかせずに、いつのまにか川上さんの本とか読み出してしまい、気付けば爪塗って、blogをupしていたり。




20100314230043
「そういえば明日、ホワイトデーやん」
「せんせい、バレンタインあげたん?」
「あげたよー」
「うそー! 誰にあげたん!??」
「ひみつー」

そんな昨日の会話。

日曜日。天気は晴れ。
今日は、ホワイトデー。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
浜本さん
2010-03-09 Tue 23:06
ふだんあまり引かない風邪を引くと、ふだんあまり思い出さないことを思い出す。
それは、基本的によくないことばかりで、だから、さらに具合が悪くなる。

浜本医院の浜本さん。
昔から通っているお医者さん。
分別、内科。
でも、好きじゃないんだ。
なんか、嫌いなの。
きっと、むこうもあたしのことなんて好きじゃないだろうから、べつにいいんだけどね。

でも、この小さな場所には病院らしき病院はそこしかなくて、
しんどくて仕方なくなってしまったら、そこを頼る他ない。

風邪と花粉症。
混じってるから、もうなにがなんなのかわかんないよ。
あったま痛いし、鼻はずるずるだわ、咳もごほごほ。

医者のなにが嫌いって。
風邪と花粉症だから、その症状は当たり前です、みたいな顔するとこ。

当たり前なことぐらいわかってるよ。
でも、しんどいんだよ。
だから、わざわざここまで来たんじゃん。
嫌いなのに来るって、とうゆうことかわかる?

じゃあ、一人で治るまで寝とけばいいじゃん。


わかってるんだ。
結局、わたしのわがまま。
だからね、ほんとは医者が嫌いなんじゃなくて、わたしが嫌いなの。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
夜型
2010-03-03 Wed 05:54
ふへへへへ。
夜の持つ力は恐ろしい。

最近、夜型の生活を送っております。
ときどきわざとする一日限りの夜更かしとはまた違って、夜型の生活をわざと何日間か続けてみるのも楽しいものですね。(そろそろ、潮時なのですがね…)

まずは、深夜0時頃からアイス食べながら映画。
ふだんはテレビや映画を観ない、というか、観る時間がない。
そのせいか、観だすと止まらない。
間宮兄弟。幸福な食卓。ゆれる。マジックアワー。
なぜか、邦画ばかり。

約2時間の映画鑑賞を終えてからは、自室でひとりあそび。
主に、部屋の改善。
今、「自分の部屋で勉強しよう!」キャンペーン中なので、すこし部屋をすっきりさせようと、気が散るものを押入れにしまっていたりしていたのですが、しまうときに新たなものを見つけてしまうんだな。

コルクボードに引き続く、マグネボード。
これが、またいい感じ。とりあえず、楽。
ばちっと、上からマグネットを置けばそれでオッケイなんだもん。
コルクみたいに、ぎゅむむむむっと、ピンを押し込む必要がないの。
まあ、雰囲気はコルクの方が断然好きなんだけどね。

んで、写真の整理とかもしてたら出てきちゃうんだ。
いつの世もふてくされた顔しか向けてくれない、わたしの愛犬。

「あ、これ笑ってる」
と思った写真は、庭の肥料を食べてる写真。
あまりに楽しそうに笑っているから、わたしもつられて笑う。
肥料、美味しいのかなあ。甘辛い煮汁のような味がしそうだな。

そんな妄想をしていると、いつのまにか4時。

最後にネット。
aiko 9th album「BABY」
初めての英語タイトルのアルバム。
今までにない雰囲気のジャケット写真。

ベイビー、何が起こるのさ。
ベイビー、まだ見ぬその世界。
ベイビー、どこまでもついてゆくさ。

ふはははは。
ほらね。夜の持つ力は恐ろしい。
別窓 | Diary | コメント:0 | top↑
| ずっと近くに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。